てぃーだ観光について

目には見えない先人たちの肝人(ちむぐくる)を伝えていくかたりべ

ルーツを伝え、沖縄の魂に触れるお手伝いを。

沖縄をより深く伝えるためには、マニュアルなんていらなかった。

てぃーだ観光のスタッフはマニュアルガイドというありきたりなお話では伝えることに物足りなさを感じていました。そこで私たちはお客様に喜んでいただくには沖縄県民としてルーツを辿り悲しい歴史や真実を伝えることで初めて沖縄の芸能の良さや素晴らしさが生きてくると考えたのです。歴史を語り、三線を弾いてお客様に島唄を教えて一緒に歌ったり、沖縄の人たちが元々持っているものを共に見たり、共に踊り「共感する」。それを楽しみ、分かち合うことでバスの中でお客様と一緒に沖縄の魂を「共有する」。そんな試行錯誤を重ねることでたくさんのお客様よりご好評をいただき、今日のてぃーだ観光のガイドスタイルができあがりました。

てぃーだ観光を設立した理由。

万国津梁、世界の架け橋をテーマにダイナミックな中継貿易を行ないながら、資源に乏しい小さな島国を繁栄させてきた先人たち。礼節を重んじる心、平和を愛する心。自然の神々への畏敬の念、ご先祖様への感謝の思い。命を生かしてくれるすべてのものへの、感謝の祈りを忘れず、人として、よりよく生きていくために大切な心の在り方、ちむぐくるを先人たちは教えてくれました。歌三線、踊り、空手、エイサー獅子舞、組踊など多彩な伝統文化に込められた、平和への祈り、人を思いやる心、命を尊ぶ心、その「ちむぐくる」をていーだ観光を架け橋にして、より多くのお客様にお伝えしてまいります。さあ、明るい未来へと繋がる心の旅へご案内いたしましよう。

てぃーだ観光を設立した理由。
てぃーだ観光ロゴ

ロゴに込めた思い

いつまでも皆様から末永く愛される会社になり、輝き続けることが出来るように、社名「てぃーだ観光」のてぃーだ(太陽)に因んで、虹に燦々と輝く沖縄のにこやかな太陽をモチーフにロゴマークを作成しました。
また「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く・・・」を意味する五つのマス目と四つのマス目の特徴的な模様で織り込まれる八重山ミンサーに因んで、五つの花びらと四つの花びらで構成したかわいいピンクの花柄をバスの車体、社屋の外壁、室内の壁、看板に飾りました。

会社概要

トップメッセージ 人としての大切な心の在り方、肝心「ちむぐくる」を「てぃーだ観光」を通じて
より多くの方々にお伝えしてまいります。
企業理念 忠恕(真心からの思いやり)
一.社会正義(社会への思いやり)
一.お客様第一(お客様への思いやり)
一.社員の幸せ(社員への思いやり)
会社名 てぃーだ観光株式会社
業務内容 一般客貸切旅客自動運送事業、旅行業
(大型貸切バス10台)
所在地 沖縄県糸満市西崎町5-14-11
TEL 098-840-8787
FAX 098-840-8788
代表 代表取締役 崎原 真弓
設立 平成28年7月11日
資本金 900万円
従業員数 24名
主要取引銀行 琉球銀行
関連会社 株式会社リョービツアーズ、株式会社中国トラベル
会社沿革 平成28年 7月 てぃーだ観光株式会社を設立
平成29年 6月 本社社屋起工式
平成29年11月 本社社屋竣工式
平成29年11月 貸切バス10台にて営業開始

アクセス